プロフィール

リョウ

  • Author:リョウ
  • L’Arc~en~Ciel好き。ソロ含。
    yukihiro贔屓。ですがメンバー皆好きですよ。
    yukiヲタのtetsuファンのken愛のhyde好き。
    構っていただければ尻尾振って喜びます(笑
    ゲーム好き。
    映画好き。
    漫画好き。
    本もよく読みます。



    リンク
    ラクガキ帳




リアルタイム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

天使と悪魔

昨日、母と共に見てきました。天使と悪魔。
もうね、なんていうかね。

原作レイプ乙。

とか思いました。あくまで私的な意見ですのであしからず。



ちょい以下ネタバレ含む感想。てか愚痴←


*

いやもー開始1分でなんだとー!!?って感じだったんですけど(´Д`;)
ウ゛ィットリア短パンじゃねーし、ウ゛ィットリアのパピーは出てこないし…
てかコーラー所長が出てこないとか何事!?(°д°;)

セルンの説明ないし。半物質の宗教的な意味や科学的な意味も説明されないし…。
ちらっと触れてはいたけど、あんなんじゃ不十分。納得行かない。

まー時間的に入らないんだろうけど;

てかセルンが全然からんでこないのがいやすぎる。

でも1番納得いかないのはカメルレンゴだよー!(´Д`;)
カルロはもっといいこなのに!(;`皿´)

あ。こっからマジでがっつりネタバレなんで、ご注意を



カルロがね、生還するシーンがもうとっても嫌。
パラシュートとか見えちゃだめなの。本当に奇跡的に助かったって感じのはずなんだ。
てか神の啓示はどうした。

カルロはただの権力とかそのために殺人犯したわけじない。純粋な、純粋すぎるほど神を信じて、父であり師である教皇慕っていたからこそ、教皇が科学を認めたことが納得できなくて、純粋に信じてたからこそ許せなかった。裏切られた。どうしてっていう苦悩があったからこそ敵という存在を作り出した。

その純粋な信仰心と裏切り(と思い込んでる)純粋な憎悪の葛藤とか。

それがカメルレンゴだと私は思う。

自演。狂おしく美しい神への盲目的な愛。だってカルロは死の淵から唯一生き残った神に愛された子と言われてきたから。ある意味それって宗教的な洗脳だけどw

カメルレンゴは始め憔悴した侍従だった。でも敵と戦うことで力強く、成長していく。その姿にみんな騙されるんだ。

でも、半物質と共に空に上がって、ラングドンを放置プレイして飛び降りても生きて地上に立てるかはわからなかった。でもカルロは生きて民衆の前に立って神への祈りを捧げるんだよ。

それは権力を欲するからとかじゃなくて、純粋に人々が神の存在を歓喜する、それをカルロは望んだんだと私は思うんだ。

そうやって神の意志を実現させた。その姿が見たかったのに…
なぜテラスに立たないんだwww

落下シーンのCGも不自然だったし…萎えるorz

殺し屋のキャラクターも納得いかん。
猛進的なイルミナティの信者でないとないとあの古の秘密結社と現キリスト教との戦いって気がしないじゃないか。あの殺し屋がイルミナティ信者だからこそ滅びたはずのイルミナティは現存している!って思わせてるわけでさ。

そもそもウ゛ィットリアがおばさんすぎてダメです(おい
いや、あの女優さんが嫌いとかじゃなくて、ヴィットリアはもっと若いだろ?っていう意味で。
まーラングドンの年齢ってかトムハンクスの年齢にあわせたからなんだろうけど。
原作読んでるかぎり、ラングドン30代後半くらいじゃないかな?若い教授でイケメソ系。水球やってたから体力もある。色っぽそうだよね。少なくともインドアではないでしょう。
んでウ゛ィットリア。原作読むかぎりでは20代後半か、30代前半だろ。若くてアウトドア派。ヨガやってるもんね

てかね、カメルレンゴが犯人なのは読んでたら割とすぐに気付きますよ。で、いかにも怪しいコーラーが実はいい人みたいな展開なんでしょ、どうせさ。って思うわけ。でも例の執務室のシーンであれ!?いかにもなコーラーがマジでイルミナティなの??ってなるわけですよね。読者を裏切る感じ。
そこからカルロのさ聖人っぷりが発揮されるわけですよ。それででもそれが崩れていく。その姿が痛々しいけど綺麗だと私は思う。

凶行に及んだ原因は愛する育ての父である教皇の科学に対する考えかた。失望。カルロは本当にショックだったと思う。だって神について今まで自分に説いてきた父が神の存在を危ぶませる科学を認めたんだから。

でも1番は自分の育ての父が実の父であったこと。
子供を儲けた事に失望したカメルレンゴ。でもその子供こそが自分自身だったこと。体外受精による妊娠で禁忌は侵してはいなかった真実。

絶望。これをさ、ちゃんと映画でも描いてくれよ。

この辺のさ!カルロの心の動きとかがいいんじゃないか!
CGとかガッツリここで使って下さいよ。

あとどこが山場かよくわからん。ただのドタバタアクション映画になってた。でもアクション映画みたいに派手なドンパチが最後にあるわけでもない。

確かに美術品とかのCGとかかなりクオリティは高かったけど、ストーリーを無理矢理2時間半に押し込んでるから、神々しさとか余韻とか全然感じない。勿体ない(´・ω・`)

なんか…原作の設定(もっとも、私は日本語訳のしか読んでないから、完全な原作とはいえないけど…そこはご容赦いただきたい)とオリジナルの設定とが変なバランスになってて結局何がしたいの?って感じになってた…とか言う私は何様なんだとwww

オリヴェッティには吹いた。誰これ?見たいな。
あと、フリエメーリが生き残ってるのもやだ。あそこは全員死んで救いがなくなったという絶望感と憔悴感がいいんだと思うお。
いや…宗教的にだめだったのかな。それはありそうだ。

私的に…オリヴェテッィってトリニティブラッドのペテロのイメージです。んで、ラングドン教授は内とロードでヴィットリアがエステル。ってイメージ。
カメルレンゴは…ジュダかなー?カルロはヴァンパイアではないですが(笑
そんなイメージを持ってます。
実際キャラもそんな感じだと思うんだけどなー。とくにオリヴェッティは(笑

ちょw無駄に長いwww
文句ばっかりですみませんorz だって原作が良かったんだもん…。

ダヴィンチ・コードの時も原作と違うなーっと思ったけど、今回の本当にひどいと思う。
神の啓示の道を辿って行く謎解きとか、適当過ぎる。もっと悩んでるはず。そりゃ2時間半じゃそこまで描けないかもだけどさ。

兎に角アレだ。

みんな原作読もうぜ(´∀`)b
スポンサーサイト
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
その他06.04(Thu)14:29コメント(0)トラックバック(0)Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

   Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。